小児歯科

お子さまの歯の健康を守るキーワードは「虫歯予防」

お子さまの歯は大人の歯に比べて虫歯になりやすいので、大人以上に注意が必要です。毎日の行き届いたケアや適切な予防処置を行わないと、親御さまが知らないうちに虫歯ができていたなんてことも。お子さまにつらい思い、痛い思いをさせないために、お口の中の健康を維持していけるよう、虫歯には十分に気を配ってあげてください。

お子さまにやさしい診療を

お子さまが食事のときに痛がったり、ほっぺが腫れていたりしているなら虫歯かもしれません。当院は、体を無理矢理抑えつけて治療するようなことはありませんので、安心してご来院ください。

医院ではまず虫歯の進行を止めるための応急処置を行い、本格的な治療は医院の雰囲気に慣れてから行うようにしています。歯医者に怖い・痛いといったマイナスのイメージがつかないよう、十分配慮して治療にあたります。

ミニコラム お母さんができる虫歯予防のポイント

はくらく歯科のお子さまの虫歯予防処置

シーラント

6歳前後になると一番奥の乳歯のさらに後ろに大きな奥歯(6歳臼歯)が生えてきます。この6歳臼歯には深い溝があり、汚れが溜まりやすくなっています。シーラントは、この奥歯の溝に樹脂を詰めて虫歯を防ぐ予防処置です。お口の中の虫歯のリスクが高いお子様にはお勧め致します。

フッ素塗布

フッ素には歯の質を強化するはたらきがあります。このフッ素を定期的に歯に塗ることで、虫歯を予防します。

ブラッシング指導

主に低学年くらいまでのお子さまは、手先が大人ほど器用に動かせないため、親御さまの手助けが必須です。お顔が一人ひとり違うように、お口のなかもお子さまごとに違います。お子さまの歯並びに合わせて適切なブラッシング方法(仕上げ磨きも含む)をレクチャー致します。同じ要領でご自宅でのブラッシングに役立ててください。