一般歯科

虫歯の原因を知っていますか?

多くの方が一度は経験したことがある虫歯。あのズキズキとした痛みや、治療のときに歯を削る機械のキュイーンという音は誰にとっても苦い経験でしょう。しかし、ほとんどの方は治療直後だけケアに力を入れて、しばらくすると再びケアがおろそかになってしまっているのが現状です。ケアを怠って、また虫歯になってしまった方もいらっしゃることと思います。

虫歯になったら治療が必要ですが、もっと大切なのはなぜ虫歯になったか?を知ることです。虫歯の要因がわからなければ、効果的な対処ができず再発してしまうかもしれません。では、一体どんなことが要因で虫歯になるのでしょうか?

虫歯の要因

虫歯菌 糖分(食生活)

虫歯菌

虫歯菌は虫歯の直接の原因です。虫歯は虫歯菌が出す酸によって歯が溶かされていく病気です。

糖分

糖分は虫歯菌の栄養源。糖分が多く含まれる食べ物は虫歯のリスクを高めます。

だ液 ブラッシングまでの時間

だ液

だ液の一定時間に出る量、さらにその質によって虫歯菌に対しての抵抗力が変わってきます。

ブラッシングまでの時間

食事してから30分が経過すると、虫歯菌のはたらきがもっとも活発化します。

進行段階(治療内容)

進行段階 症状 治療法

C0
【ごく初期の虫歯】

C0 【ごく初期の虫歯】
歯の表面のエナメル質が溶けはじめ、白く濁っている状態。まだ歯に穴はあいておらず、痛みなどの自覚症状はありません。 適切なブラッシングやフッ素塗布で治ることがあります。

C1
【エナメル質の虫歯】

C1 【エナメル質の虫歯】
歯の表面のエナメル質がさらに溶け、黒ずんでいる状態。冷たいものがしみることがありますが、まだ痛みはありません。 虫歯に冒された部分を削り、主に歯科用プラスチックの詰め物(レジン)で補います。

C2
【象牙質の虫歯】

C2 【象牙質の虫歯】
エナメル質の内側にある象牙質まで虫歯が進行した状態。冷たいものや甘いものがしみるようになり、ときどき痛むこともあります。 虫歯に冒された部分を削り、詰め物で補います。

C3
【神経まで達した虫歯】

C3 【神経まで達した虫歯】
神経まで虫歯が進行した状態。熱いものがしみるようになるほか、何もしていなくてもズキズキと激しく痛むようになります。 神経を除去し、神経が入っていた管(根管)の内部を消毒して薬剤を詰める根管治療(※)を行い、被せ物を被せます。

C4
【歯根まで達した虫歯】

C4 【歯根まで達した虫歯】
歯の大部分が溶けてなくなり、歯根まで虫歯に冒された状態。神経が死に、痛みはなくなりますが、歯根部に膿が溜まると再び痛みが出ます。 多くの場合、抜歯が必要です。抜歯後、入れ歯やブリッジ、あるいはインプラントなどで失った歯の機能の回復を図ります。

虫歯は毎日のケアと定期検診によって予防できます。虫歯を予防できれば、通院の手間も治療費も痛みによるストレスもありません。もちろん、はくらく歯科でも虫歯の予防処置を行っていますので、ぜひ毎日のケアにプラスしてお口の健康を守ってください。

はくらく歯科の予防歯科・メインテナンスはこちら